別れたくないという相手は少なくありません!!

 

あなたは離婚の意思がある!!
しかし相手にとってはどうなのでしょうか。

 

相手に離婚を告げることで、スムーズに離婚に進むわけではございません。
特に長年結婚生活を続けてきて、溜まりに溜まった相手への不満から離婚を切り出した場合には、相手がその原因を理解していなくて、別れたくないとなかなか離婚への合意が進まない場合が少なくないのです。

 

また相手が中高年の男性の場合であれば、別れたくないという方が飛躍的に増加してくるのです。

 

そのように離婚の合意がスムーズに進まなく、離婚協議から家庭裁判所の離婚調停へと進み、弁護士に依頼するなど想定していたよりも離婚がうまく行かなく、その後の生活に影響を与えてしまう方も多いのです。

 

離婚調停が長期戦になることを避ける

 

まず離婚を考えている方は、必ず対策をしておいて欲しいことがあります。

 

それは離婚への手続きが難航し、離婚調停など長期戦になることを避ける方法を知っておくことです。
なぜなら離婚調停などが長期化すると、次のような問題を抱えてしまう人が少なくないからです。

  • 別居期間中の金銭的な経済問題
  • 就業中の方は仕事への影響
  • 仕事を探しへの影響
  • 精神的な面での負担

 

いずれの問題も離婚調停を進める上で、大きな弊害となってきます。
実際には有利な条件で離婚を進めることができる状態であったとしても、前述した問題を抱えていると少しでも早くその状況から抜け出したいと思い、自ら有利な条件を手放してしまうことを選択してしまう人もいるのです。

 

そのようなことにならないためにも、離婚調停など長期戦になることを避ける方法を知っておくことが重要なポイントとなってくるのです。

 

離婚調停が上手くいく方法はコチラをチェック

 

離婚調停を早期に合意させるコツとは

 

前述してきたことからも、離婚調停が長期化することは避けなければなりません。
そのために必要なことは、何でしょうか。

 

ある方に質もしたところ、次のような答えをした方がいます。

優秀な離婚専門の弁護士に相談する!!

 

実は決して優秀な離婚を専門にしている弁護士に相談するがベストな方法ではないのです。
高額な弁護士料を払わなくても、あることを理解していると離婚調停の長期化を避けることができるのです。

 

もし離婚を告げる相手が、あきらかに別れたくないということになりそうであれば、前もって事前に対策しておくことをオススメ致します。

 

そのことについて詳細は、下記ページで詳しく知っていただければと思います。

 

離婚調停を早期に合意へ持っていく方法はコチラ